天然チューコの物語

彼にどんなに酷いことをされても好きだからついて行く私の話
※ 未成年の方はご遠慮ください

最終章

これからの私は天然チューコでもちょっと中身が違うと思う!勘違いもまだまだしちゃうとしても、ちょっと違うと思う!


ここにいろんなことを綴って、誰かに読んでもらうだけでストレスを溜め込まずに済みました


読んでくださった方々、読者登録までしてくださった方々、ありがとうございました


誤字脱字、へんてこりんな表現、へんてこりんな考え、酷い勘違いばかりだったと思います


読んでいて、彼氏は大変だなぁと思われてたと思います


彼の二股発覚(勘違い)から始まった日記でしたが、いろんなことを考えるいい機会になりました



私、実はとても幸せだったんですね

やっとわかりました



もうここに綴ることはなくなります


『彼にどんな酷いことをされてもめげずについていく私』のブログでしたが、本当は、

『彼女がどんなに酷い勘違いをしてもめげずに分かってもらおうとする必死な彼』のブログでした



これからも勘違いは続くと思いますが、彼の気持ちにだけは勘違いしないように気をつけて生きていきます!



ありがとうございました、さようなら

希望

「私は彼に愛されていたんだな」


昨日は彼のお母さんからも話が聞けてよかった


彼が「仲直りできた」と両親に報告したらしい


それでお母さんが「聞きましたよ、本当によかった、私達はあなたがお嫁さんに来てくれるって思ってたからあなたのこと諦めきれなかったのよ」って電話をくれた



今回は彼のご両親も巻き込んで大変なことになったけど、お陰で彼の本心がわかった


これからもずっと一緒にいる


希望が持てた



でも、もう今までのチューコではない


彼優先ではない


自分のやりたい事を優先させる


程よい距離を置いて付き合う

涙!

彼のお母さんから電話があった




彼が昔から、女の子にでも男の子にでも「そんな感じ」だったと教えてくれた


『女の子には可愛いねとほめてあげる

男の子にはカッコいいよとほめてあげる


とにかく面倒見がいい、友達が多くていつも友達が集まってきてた


リップサービス精神旺盛で、女の子にそんなメールをしても決して浮気心ではないの、内容を見てあなたが誤解するのもよくわかる、でもね、本当に好きな人には何にも言えないのよ、これは間違いないのよ、息子はあなたのこと、本当に好きだと言ってた、だから大丈夫よ、安心して』



って言ってくれた…



嬉しくて涙が出た



『喧嘩をこれからもたくさんして、少しずつお互いを理解してね、いつでも連絡してね、連絡取り合おうね』って



お母さんは私のことが好きなんだって



私もお母さんのことが大好き