天然チューコの物語

彼にどんなに酷いことをされても好きだからついて行く私の話
※ 未成年の方はご遠慮ください

そして。

また次の日に帰ってきた彼。


一体何を考えているのかわからなくて、彼のお母さんに助けを求めた。

お母さんに、彼の言葉の『通訳』をしてもらった



私は結婚の約束も出来ないと言うのなら無責任だし不誠実だし、別れたいと思っている


彼はまだ生活も安定していないし給料も安いから安定するまでは簡単に約束は出来ない



正反対の考え。

で、また。

私は結婚にこだわってしまう


昨晩、将来の話をした


このままアパートで家賃を払い続けるなら結婚するんだしマンションを購入したいと提案してみた


『チューコは変わってない、先の約束がないとやっていけないのか?結婚の約束はなかったことにする、結婚する気は全くない』



何それ?



そして荷物を持って出て行った…



それじゃ、なんで戻って来たの?


大騒ぎして別れて、戻って…



全く意味が分からない




『別れたけど、やっぱり好きだずっと一緒にいたいと言って戻ってきたのに結婚の話を出すとキレてまた出て行った半世紀近く生きてる男』


いい歳して…何を考えてるのか?


もうついていけない。


彼はどこかおかしいのか?


おかしくなければ、私が利用されていただけ


会社からも近くて便利な場所、低価格で泊まれる食事洗濯付きの宿、チューコはまだ俺に惚れてるようだからまだいける!面倒なことになればまた言いくるめて出ていけばいいだけのこと

時々セックスして機嫌取りしとけばいいし


そして昨晩、彼にとって『面倒な話』が出た


だからキレて出て行った



てこと。



どう考えても私はおかしくないよ!



戻って来たってことは、結婚の話もしてたし、その話が出てもおかしくないと思う




なんで戻って来たの…???



え〜〜っっっ???

最終章

これからの私は天然チューコでもちょっと中身が違うと思う!勘違いもまだまだしちゃうとしても、ちょっと違うと思う!


ここにいろんなことを綴って、誰かに読んでもらうだけでストレスを溜め込まずに済みました


読んでくださった方々、読者登録までしてくださった方々、ありがとうございました


誤字脱字、へんてこりんな表現、へんてこりんな考え、酷い勘違いばかりだったと思います


読んでいて、彼氏は大変だなぁと思われてたと思います


彼の二股発覚(勘違い)から始まった日記でしたが、いろんなことを考えるいい機会になりました



私、実はとても幸せだったんですね

やっとわかりました



もうここに綴ることはなくなります


『彼にどんな酷いことをされてもめげずについていく私』のブログでしたが、本当は、

『彼女がどんなに酷い勘違いをしてもめげずに分かってもらおうとする必死な彼』のブログでした



これからも勘違いは続くと思いますが、彼の気持ちにだけは勘違いしないように気をつけて生きていきます!



ありがとうございました、さようなら