天然チューコの物語

彼にどんなに酷いことをされても好きだからついて行く私の話
※ 未成年の方はご遠慮ください

彼に合う女

チューコの説明したらどんな感じ?て聞いたら


「過去見たことない天然」


「勘違いさせたら宇宙一」


「あり得ない程の方向音痴」


これ全部彼に言われたこと!



疲れるよね〜、わかる!

具合悪い時は一緒に居たくない!

変なことばかり言うと「もういいわ」ってなるわな!


自分のこと、ちゃんと解って、少しずつなおしていきたい!


本は読む、でも多分人とは違う物語になってると思う、勘違いと妄想でそうなる

映画もよく見る、でも感動する場面が人と少し違ってたりする、なんで?


「ラストベガス」っておじさん4人の物語がある、浮気願望のあるおじさんが、奥さんの了承まで得て、親友のバチェラーパーティーで女の子をゲットして、いざ浮気となった時、奥さんのことを思って何もできないってところがあった、出来たのだろうけど、しなかった


私はそこで号泣!

なんでかって?

奥さんのこと、本当に愛してると気付いたおじさんが素敵だったから

やっぱり奥さんが一番だと思って浮気しなかったから、奥さん良かったねって思った


一方、彼は

「男なら行けよ〜!情けねぇな!」と言った…



「あなたなら、するの?」


「そりゃね」


「最低やね」


「バチェラー行ったらの話やろが!バカか!」


そこでちょっとショック受けた!


チャンスがあったらするのね???


こんなところが面倒なんだと思う!私もこんなことサラッと流せたらいいのに、気にしちゃう


こんな小ちゃなことも気にしてたら彼とは付き合えない


もっと、どっしりと構えてないとね!


でも最近ちょっとしたことで傷つくようになってる

年取ってから出てきた心の病気か?

元々持ってたのか?


彼に心を鍛えてもらってると思って頑張る!