天然チューコの物語

彼にどんなに酷いことをされても好きだからついて行く私の話
※ 未成年の方はご遠慮ください

愛とは

「愛はきっと「奪う」でも「与える」でもなくて、気が付けばそこにあるもの」って桜井さんが言ってる


色んな取り方があると思う


浮気や二股や不倫を肯定してるなら

気がついた時、愛しちゃってたから仕方ないじゃん?ってことにも取れる


お互いに惹かれあって、好きって気持ちがだんだん大きくなって、気が付いた時には「愛」になってたってことにもとれる

「私の愛あげる!だから貰うね!」って言ってうまれたものじゃないから



ミスチルの歌で「LOVE」ってあるけど

彼はあの子にそんな気持ちだったのかな?


私は心が狭すぎるのか、そんな気持ちだったとしても嫌だ。そんな存在の子は邪魔だと思ってしまう。